TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ショップレポート ヒコ・ハヤシ
ショップ展開例
もどる


レジ台の赤色がポイントに。腰のデザインとショーケースのバランスが美しい。



腰のデザインイメージはショコラ。

 



外観から内装、ショーケースの高さに至るまで、シェフのイメージで。まずは自らいろいろな場所に行き、そしてたくさんのデザインをみてからプランをつくりあげたそうです。「カジュアルにならないように」と上質に仕上げられた空間はヒコハヤシのブランドイメージにもなっています。
お店のロゴマークHとHはHiko Hayashiの「H」とHeart to Heart。スタッフからお客様へ。そしてお客様から友人家族へ。心から心へと、そのキーフレーズがお店づくり、お菓子作りの原点になっています。高級感のなかにあって、あたたかく親しみを感じる所以がそこありました。






 

L字型ギフトショーケース、壁面いっぱいのディスプレイシェルフ、間接照明の天井、シャンデリアはお店のワンポイントに。すべてが一体化された空間は、気品だけではなく、どこか知性のようなものも感じさせてくれます。

外からの動線にオープンカフェがあります。店内との扉を開くと、外の光がカフェに満ち溢れました。お客様が絶えないにぎやかなショップスペースと、完全にエリア分けされつつも、壁面の間からスタッフの笑顔をのぞくことができました。なんだか安心してゆっくりとスウィーツを楽しむことができました。
(2008年8月)

オープンケースは、ディスプレイケースが一体となっているタイプで、この日は、ミッドタウンをイメージした美しい演出がなされていました。このショーケースでは商品やディスプレイで、お店に季節感を与えられるように、と意識されているそうです、夏にはたくさんのゼリーがキラキラと輝きます。
(2010年9月)


 



日和の良い時はオープンカフェに。




 
ゆったりくつろげるカフェ。
この日(取材日)もあっという間に満席になりました。




お菓子の店 ヒコ・ハヤシ HIKO HAYASHI(岐阜県・岐阜市)
代表:林輝彦

TEL:058-296-2077 
岐阜県岐阜市大字下土居字乙井609番


お菓子の種類:
生菓子・焼き菓子・ショコラ
ショーケース: 3台(特別注文)
 

 
ページの先頭へ